牛脂注入加工肉メルティークビーフの加工メーカーです。| 株式会社ホクビー 公式サイト

ひたむきに、ひとすじにビーフのある食卓の喜びをつくり続けています。

メルティークビーフはこんなお肉です。

MELTIQUE BEEFメルティークビーフとは

メルティークビーフは牛脂注入加工肉です。

レストランの厨房から生まれました。

メルティークビーフはフランス料理の調理法である<ピケ>からヒントを得て、料理と同じ考え方で誕生しました。<ピケ>は仔牛肉などの淡白な牛肉にうまみやコク、風味をプラスするために、「ピケ針」と呼ばれる道具で脂肪やベーコン、ハーブ類を差し込む料理方法です。メルティークビーフは「料理人が生み出した、肉を美味しく食べるための方法」であり、また、本来シェフが店舗で行う「下ごしらえ」でもあります。

メルティークビーフ誕生の背景

1970年代、北海道の畜産業は大きく飛躍しました。しかし、道産の牛肉はまだ硬く、臭みもありました。
赤身で硬い牛肉をなんとか美味しく食べる方法はないものかと、研究・開発し、1982年、ホクビーは「メルティークビーフ」を生み出しました。
それから約30年にわたり製造販売を継続し、皆様のご支持を得て現在に至っております。

世界中で認められた技術です。

メルティークビーフは、「口の中で溶けるようなジューシーさ」(melt)と、やわらかさを施す「技術」(technique)により誕生した牛肉という意味の造語です。世界4カ国で特許を取得、オーストラリア・中国・シンガポール・マレーシアに拠点を持ち、メルティークビーフはオセアニアやアジアを中心に世界でご愛用いただいております。

私達は、メルティークビーフについて、 お客さまに納得いただいた上で ご利用いただけるよう、努力しております。 様々な情報や商品にあふれているこの時代だからこそ、 安心・安全面や、栄養面、そして地球環境について、 消費する皆さん自身が知り、納得の上で選んでいただ

調理する人、食べる人、そして地球のみんなのために。メルティークビーフ を選んでほしい3つの理由

メルティークビーフは加工肉です。
お召し上がりの際は、十分に加熱(中心温度75℃ 1分)してお召し上がりください。
メルティーク、Meltique はホクビーの登録商標です。

スマートフォンサイトへ