ステーキ専門 チェーン店
A社様の導入事例

メルティークビーフの定型ブロック肉で、
仕込み時間や食材ロスの大幅な削減を実現しました。

飲食店イメージ

A社様

事業内容:ステーキ専門店経営
所在地:千葉県
従業員数:約140名
店舗数:直営4店舗、FC2店舗
導入の背景 店舗での仕込みの手間を削減したい
導入の決め手 仕込みのいらない下ごしらえ、メニューに適した定型
導入後の効果 仕込み時間を10分の1程度に短縮、デリバリーやテイクアウトでも好評

ステーキ肉の仕込みの手間が
大きな課題に

弊社は、千葉県を中心に、複数のステーキ専門店を展開しています。

ステーキ肉といっても、仕入れた肉をそのままお客様に提供できるわけではなく、ブロックから1枚ずつスライスしたり、余計な筋や脂を取り除いたりという作業が必要でした。
従来は、他社の不定形なブロック肉を使用していたため、その都度必要なステーキの枚数を確保するのに苦労していました。

従業員の大きな負担となっていた仕込み作業を、どうにか削減できないかと模索していました。

飲食店のお悩み

下ごしらえされた定型商品が自社のメニューにベストマッチ

そんな中、ホクビーさんからメルティークビーフの定形商品をご紹介いただきました。

メルティークビーフのブロック肉は、いつでも定量で用意されているため、
必要なステーキ肉の枚数に応じて注文でき、食材ロスを最低限に抑えることができます。
さらに、あらかじめ下ごしらえされており、筋や脂が取り除かれている点がとても魅力的でした。

まずサンプルをお送りいただき、試用してみたところ、丁寧に下ごしらえされており、1枚1枚のステーキの重量が安定しているため、
これまで苦労していた仕込みがあっという間に終わりました。

ステーキを食べる女性

仕込み時間と食材ロスを大幅削減!
デリバリーとテイクアウトにも嬉しい変化が

メルティークビーフを本格的に導入し始めたところ、ステーキ肉の仕込みに要する時間を、これまでの10分の1程度にまで短縮することができました。
従来は正社員が行っていた仕込み作業を簡略化できたため、アルバイトの従業員にも仕込みを任せられるようになりました。

また、ステーキ肉は、お客様に満足いただくために焼き加減に細心の注意を払う必要がありますが、メルティークビーフは、調理後に時間が経っても、柔らかさとジューシーさをキープできることに驚きました。
そのため、デリバリーやテイクアウトのお客様にも、質の良いメニューを提供でき、好評をいただいているのは嬉しい変化でした。

これからもメルティークビーフを活用させていただきたいと思います。

※画像はイメージです。

関連記事

メルティークビーフを試してみませんか? サンプルのご相談応じます

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日09:00~17:00)
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
詳しい資料はこちらから
ダウンロードできます。