メニュー&商品紹介

catch-img

メルティークビーフによる持続可能な食肉供給

ご覧いただきありがとうございます。

株式会社ホクビー インサイド営業部の【相野】です。

今回は、通常のメニュー提案に代わって、10月16日に迎える「世界食糧デー」に関連し、メルティークビーフの社会貢献についてお伝えいたします。


世界人口の増加と食糧危機

世界の人口が増加を続けるのに対し、世界全体で新たな可耕地が少なくなってきており、1人当たりの農地面積が減少しております。

今後、経済発展に伴い食生活の変化が進むにつれ、食糧の需要は増え続け供給が難しくなるばかりです。事実、地球上では約8億人が飢餓状態にあると言われております(2020年 WFP発表)。


(世界人口の推移:UN、1人当たりの農地面積:FAO調査・農林水産省作成)


食糧危機とメルティークビーフ

ヒトに必須なタンパク源である牛肉は、穀物肥育の場合、1kgの牛肉を生産するために穀物11kgを消費しています。先述したように、人口増加と1人あたりの農地面積の減少を考慮すると、人間への食糧供給も限界が見えてくると考えられます。

対して、メルティークビーフは、牧草で飼育された乳牛を使用しています。牧草により育った乳牛から牛乳の生産を終えた後、乳牛を食肉として活用することで、持続可能な食肉供給を可能し、無駄の無い食サイクルを実現しています。




持続可能な開発目標(SDGs)

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

世界の様々な問題が課題としてありますが、持続可能な食糧供給を通して、SDGsの「1. 貧困をなくそう」「2.飢餓をゼロに」という目標達成に近づくことが望まれています。









メールマガジン会員 募集中!!

① 季節を先どったメニュー情報をお届け

② ホクビーオリジナルの特集記事も掲載

③ 新商品情報もイチ早くお届け

メルティークビーフを試してみませんか?
サンプルのご相談応じます

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日09:00~17:00)
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
詳しい資料はこちらから
ダウンロードできます。

商品のメニュー事例や牛肉に関する

情報をイチ早くお届け


お役立ち資料

人気記事ランキング

タグ一覧